03-6206-6207

事例紹介

~システム業界中堅D社のケース~

 D社は、1st Phase(コンタクト開始段階)からわたしたちのクライアントでしたが、中国での事業展開が現実的なスキームをもって見えてくるなかで、独力での現法経営に困難を感じるようになりました。一方わたしたちは、D社の商品力に中国市場での大きな可能性を確信していました。その結果、わたしたちは、D社の中国現地法人に対して出資をおこない、経営パートナーとして、ともに中国市場開拓にあたることになりました。

現地法人への経営参加フロー

現地法人への経営参加フロー

フェイスブック

Twitter

PAGE TOP